生まれつき左手がない52歳の男性、3Dプリンタで超安価なワイヤー式義手を手に入れる
生まれつき左手首から先がないホセ・デルガド・ジュニアさん(52)は、筋肉の電気信号に反応して動く筋電義手を愛用している。

ところがこの筋電義手はとても高価なもので、半分は保険でまかなえるものの、総額で42,000ドルもかかってしまうのが難点。

一方、3Dプリンタで印刷可能で、データが無料で配布されているロボットハンド「サイボーグビースト」ならば、材料費(レゴと同じABS樹脂)としてかかるのはわずかに50ドル。

手首を曲げる動作でワイヤーを引き、指を曲げるという単純な仕組みながらも、軽く、反応も速く、壊れてもすぐに印刷できるというのは大きな強み。

3Dプリンタの値段もどんどん安くなってきてるらしいけど、こういう話を聞くと、現時点でも大きな恩恵を受けられる人はかなりの数になりそうだよね。

【関連】
3Dプリンタが叶えた夢。関節拘縮症を患う少女、エマちゃんを救った外骨格補助器具
わずか6秒で歯磨き完了!3Dプリンタで作る「オレ専用歯ブラシ」blizzident
【画像】失われた手足を義肢で補い、自由を得た動物たち
人間の体を補強する、高性能義肢を提供するSarif IndustriesのCM映像


A $50 3D-Printed Prosthesis Compared to a $42,000 Myoelectric Prosthesis


タグ
生まれつき左手がない52歳の男性、3Dプリンタで超安価なワイヤー式義手を手に入れる