ISO感度を上げるとこんなに凄い!ソニーA7sカメラのISOを1600から409600まで徐々に上げてみた
ソニーα ILCE-7s(A7s)カメラのISO感度(カメラの光に対する敏感さ)を1600に設定して撮影した映像、続いて3200……、次は6400……と、徐々にISO感度を上げていって比較撮影した映像。

撮影しているのは、ほぼ真っ暗闇の中で一人の男がある作業をしているシーン。

同じ場所、同じ明るさで撮影した映像なのに、ISO感度を上げるだけでこんなに違ってしまうだなんて驚き。

【関連】
職人たちの手仕事で仕上げる、ライカカメラのレンズ作り
軽飛行機から誤って落としたカメラが猛回転しつつ地上に激突。カメラは無事でブタに歓迎される
壊されたけど大成功。カメラ一体型ラジコン「Car-L」をつかってライオンを撮影してみた
脳波を測定し、興味を持った対象だけを自動的に記録するウェアラブルカメラシステム neurocam


Sony A7s: Low Light Demonstration (ISO 1600 to 409600)


タグ
ISO感度を上げるとこんなに凄い!ソニーA7sカメラのISOを1600から409600まで徐々に上げてみた