人工内耳って実際どんなふうに聞こえるの?チャンネル数による違いを声と音楽で比較してみた映像
聴覚に障害を持つ人に対し、聴覚を補助する人工内耳。それって一体どういうふうに音が聞こえるものなの?という疑問に対し、分かりやすく映像にしたものがこちら。

人工内耳はチャンネル数によって聞こえ方が変わるようで、映像では英語音声および音楽の聞こえ方を比較。

1チャンネルだと音がなっているのがわかるという程度。8チャンネルでしゃべっている内容に予測がつくレベルで、12、20チャンネルだと内容がはっきり理解できるレベル。

言葉の内容はわかってもニュアンスが随分変わりそうだし、音楽なんて完全に別物になってしまうんだね。

【関連】
人工内耳によって初めてママの声を聞いた2歳の男の子、クーパーくんが見せた反応
聴覚脳幹インプラントによって初めてパパの声を聞いた3歳の男の子、グレイソンくんが見せた反応
言葉を話せない父と、その娘を描いたタイのCM
3Dプリンタが叶えた夢。関節拘縮症を患う少女、エマちゃんを救った外骨格補助器具

Cochlear implant: simulation on speech and music
タグ
人工内耳って実際どんなふうに聞こえるの?チャンネル数による違いを声と音楽で比較してみた映像