レーザーポインターという存在を知らず、光点を捕まえようと必死で追い続ける男
レーザーポインターというものが存在するという事を知らない男性にとっては、レーザーポインターが作り出す小さな光点は不思議極まりない存在。

新種の虫か、あるいは妖精のたぐいだとでも思ったのか、光点をなんとか捕まえようと四苦八苦。

諦めることなく結構長いこと頑張ってたけど、こういうイタズラはちゃんと最後にネタばらししてあげてほしいね。

【関連】
生まれて初めてエスカレーターという存在を知ったお爺ちゃん
猫「何だこれ!?」初めて雪に接した猫の反応が可愛い
これは可愛い。幼児たちが初めて自分の影を認識した瞬間
「パパが二人!?」パパの双子の兄弟に初めて出会って困惑する少女

Funny Laser Prank
タグ
レーザーポインターという存在を知らず、光点を捕まえようと必死で追い続ける男