なにこれ可愛い!威嚇かと思ったらメッチャじゃれてくる赤ちゃんスカンク
親とはぐれたらしいところを保護した、現在生後3ヶ月の赤ちゃんスカンク。追い詰められての威嚇から分泌液の噴射か!?と思ったら、触られ撫でられ、お腹を見せての懐きぐあい。

臭腺の除去はしていないものの、悪臭を放つ分泌液は現在放てない状態にあるそうで、そのためか時折、肛門をこちらに向けて威嚇のようなポーズを向けてくる。

安全だって分かっていると、このポーズもなんだか可愛らしく見えるね。

【関連】
これは羨ましい!散歩してたらスカンクの赤ちゃんが懐いてきた!
出会い頭にスカンクと鉢合わせしたビーバーの反応
情熱的な子スカンクにキスで起こされる子猫
目の前のスカンクが突然分泌液を噴射!…と見せかけたドッキリ

Vicious Skunk Attack
タグ
なにこれ可愛い!威嚇かと思ったらメッチャじゃれてくる赤ちゃんスカンク