なんという迫力!アイスホッケーの審判の視点で見た、アメリカン・ホッケー・リーグの試合風景
アメリカン・ホッケー・リーグの審判、デビッド・バンフィールドがヘルメットに装着したGoPROカメラで撮影した、プロアイスホッケーの試合風景。

選手たちをこれ以上ないほど間近で見られるのは迫力満点で凄いんだけど、同時にいつ突っ込んでくるか分からない選手たちやスティックやパックが恐ろしすぎる。

撮影した試合は12月7日に行われた、シャーロット・チェッカーズとロックフォード・アイスホッグズのもの。

サッカーの試合とかボクシングの試合なんかでも、審判からの視点の映像を見られたら楽しそうだね。

【関連】
2008年度のアイスホッケーで劇的なシュートアウトシーン TOP10
キーパーの意識の盲点を突いたアイスホッケーのふんわりシュート
プロアイスホッケー選手、アレキサンダー・オヴェチキンのシュート精度が凄い
アイスホッケーのパックがゴール背後のカメラを直撃する瞬間の映像


AHL referee wears helmet cam


タグ
なんという迫力!アイスホッケーの審判の視点で見た、アメリカン・ホッケー・リーグの試合風景