どんなに不器用でも彫刻できる!MITで開発中の「決められた形に彫る」電動ドリル The FreeD
MITで開発中の「The FreeD」は、プログラムで登録した通りの形状に自動的に彫ってくれる電動ドリル。

ドリルの位置や角度を認識し、削ってはいけない位置に差し掛かるとドリルが自動的に停止。どんな人でも、削るべきところだけ削ることができる、スマートな電動ドリルなのだ。

今はまだ荒削りもいいところだけど、もっと精度が高くなれば、より高度な彫刻も可能になってくるし、危険を察知して停止、なんてこともできそうだよね。

【関連】
脳波を測定し、興味を持った対象だけを自動的に記録するウェアラブルカメラシステム neurocam
小型無人航空機、Quadrotorで自動的に建物を建築するという可能性
押しても引いても倒れない、自動的にバランスを取る電動バイク C-1プロトタイプ
ドリルで四角い穴を開ける、戸田精機の四角切削コーナーミル


The FreeD: MIT 'smart tools' meld personal technique with computerized controls





































タグ
どんなに不器用でも彫刻できる!MITで開発中の「決められた形に彫る」電動ドリル
The
FreeD