刀鍛冶に憧れて。日本の鍛冶師に弟子入りし、17代目を継承したカナダ人鍛冶職人、マレー・カーター
カナダ、ノバスコシア州のハリファックスで生まれ育ったマレー・カーターさんは、子供の頃に空手を習い、18歳の日本旅行て日本の鍛冶師、坂本さんに出会って弟子入り。

6年間の修行ののち、17代目吉本の名を受け継いで、鍛冶職人として日本で12年間刃物を作り続ける。2001年にはアメリカのブレードスミス協会でマスター・スミスの称号を貰い、2005年にアメリカに移住してオレゴン州のヒルズボロで自分の店、カーター・カトラリーをかまえた。

後を継ぐ人材がいなくて日本の伝統工芸が廃れていく、なんて話もよく聞くけど、こういう形で日本の文化、技術を受け継いでいく外国人がいるというのは嬉しい事だね。カーターさんは技術だけでなく、坂本さんの精神も受け継いでくれているのが素晴らしい。

【関連】
鉄を繰り返し叩いて折る、越後鍛冶職人、日野浦司の鍛地造り
北海道伊達市の刀匠、渡辺惟平へのインタビュー映像
現代の武器屋さん。映画やドラマ用に武器防具を鍛える鍛冶職人、トニー・スワットン
焼き叩き鍛えて磨く、鍛冶職人ジョン・ニーマンによる斧作り


Carter
























タグ
刀鍛冶に憧れて。日本の鍛冶師に弟子入りし、17代目を継承したカナダ人鍛冶職人、マレー・カーター