触覚にも訴えるMITの入出力インターフェース inFORM
未来のコンピューターには触覚が重要であると考えたMITメディアラボによって開発された、直方体が飛び出すグリッド状のインターフェース、inFORM。

遠隔地にいる人物の手の動きをキャプチャーしてinFORM上に再現したり、inFORMの突起を直接さわり動かすことによって立体を作り替えたり。

スマートフォンの着信を波の形でお知らせしたり、inFORM上を移動させたりしてるのも面白いね。

【関連】
MITメディアラボが製作した3Dインプット・インターフェース、iSphere
1秒間に1000000000000フレームの撮影が可能なカメラを開発 MITメディアラボ
人もバナナも描いた絵すらもボタンになる不思議なインターフェース MaKey MaKey
ドラッグで画面が「たわむ」!あらゆるスマートフォンで応用できそうな新発想

Amazing Technology Invented By MIT - Tangible Media






























タグ
触覚にも訴えるMITの入出力インターフェース
inFORM