組み合わせ爆発がどれだけ凄いかを分かりやすく教えてくれる、日本科学未来館のアニメーション フカシギの数え方
碁盤のようなマス目の上を、スタートからゴールまで同じところを2度通らないで移動する道順の数は、1×1だと2通り。2×2だと12通り。3×3で184通りと、爆発的に増えていく。その爆発力の凄まじさを分かりやすく解説してくれる、日本科学未来館提供のアニメーション。

科学未来館は年間パスポート持っててたまに遊びに行くんだけど、この「組み合わせ爆発」の展示は長男7歳のお気に入り。隣にある、組み合わせ爆発を圧縮するアルゴリズムを説明した展示と合わせて見ると凄く分かりやすくて面白かった。

展示そのものはもう終了してしまったみたいだけど、以下のサイトに圧縮アルゴリズムが解説されているから、「こんな膨大な計算、どうやって簡略化すればいいわけ?」とおもった人は見てみるといいと思うよ。

組み合わせ爆発とその解決法を「体感」せよ!|Tech Village

【関連】
目で見て音を聞いて違いが分かる、15種類のソートアルゴリズム
ノーマン・マクラレンによる輪唱型式のアニメーション
地球ぜんぶの海の流れを視覚化し、動かした海流映像
200カ国の平均寿命と平均年収の200年にわたる変化を分かりやすく表現した解説映像
『フカシギの数え方』 おねえさんといっしょ! みんなで数えてみよう!

































こっちの動画は16×16までを計算して出した、同じところを2度通らない道順の数。
普段使わない桁数使いすぎ。

「フカシギの数え方」 同じところを2度通らない道順の数

タグ
組み合わせ爆発がどれだけ凄いかを分かりやすく教えてくれる、日本科学未来館のアニメーション
フカシギの数え方