タコスッポンタケという名前のキノコが凄い!まるで地面からタコ足が生えているかのような姿
オーストラリアとタスマニアを原産地とするタコスッポンタケ(Clathrus archeri)は、タコの足が地面から生えているかのような外見のキノコ。触手の数は4本から7本程度と少ないものの、色は赤いし表面の模様は吸盤があるようにも見えるし、まさに卵の中から生まれたタコ足そのもの。

タコスッポンタケは成熟すると腐敗臭を放ち、引き寄せられたハエなどに胞子を付着させて生息範囲を広げる。毒はなく、大根のような風味で一応食べることはできるけれど、前述のとおり腐敗臭があるため、非常時を除いては食べない方がいいとのこと。

【関連】
空気に触れた切り口が瞬時に変色する毒キノコ
タコの凄すぎる擬態能力の一端が、ちょっとだけ理解できる映像
タコが為す術もなく魚の集団に捕食されていく映像
やっぱり驚異的な速さで走るスッポン


1.



2.



3.



4.



5.



6.



7.



8.



9.



10.



11.



12.



13.



14.




ちなみに、スッポンタケは男性器に非常によく似た形状で有名。スッポンタケ科のキノコは笑いを取りに来てるんじゃないだろうか。


source:Kuriositas





タグ
タコスッポンタケという名前のキノコが凄い!まるで地面からタコ足が生えているかのような姿