ルーカスフィルムが開発した未来の映画製作手法。役者にリアルタイムでCGをレンダリングする技術
ルーカスフィルムが開発し、公開したのは、役者の映像にCGをリアルタイムで重ねて表示させる技術。モーションキャプチャーで役者の動きを取り込み、その動きに合わせてC3POやストームトルーパーなどのパーツを表示させれば、キャラクターをリアルタイムに演じて動かすことができるのだ。

光源の位置や砂嵐などのエフェクトも追加可能。映画のキャラクターがリアルタイムに応答してくれるなんてことも可能なわけで、この技術は映画撮影以外にも可能性が広がりそうだよね。

【関連】
【画像】ベイダー卿もフレンドリー。映画「スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲」の撮影舞台裏 写真30枚
スターウォーズのファンが作った「Star Wars Episode VII」予告編映像
落書きを元に違和感のない画像を合成する技術 PhotoSketch
お手軽なのに凄すぎる!2次元の物体を3Dオブジェクト化して自由に動かせる技術 3-Sweep


The future of filmmaking






















タグ
ルーカスフィルムが開発した未来の映画製作手法。役者にリアルタイムでCGをレンダリングする技術