次から次へと楽団員が登場。大阪市音楽団によるフラッシュモブがちょっと面白い
大阪市北区の複合施設、グランフロント大阪のうめきた広場で、吹奏楽団「大阪市音楽団」によって行われたフラッシュモブ。

箱型の打楽器、カホンを演奏するストリートミュージシャンが現れたと思ったら、通行人を装った楽団員たちが次から次へと現れ、演奏に参加していく。

日本で行うフラッシュモブは冷めた目で見られがちだけど、これはほんわか賑やかな感じでいいね。指揮者の登場シーンが一番熱い。

【関連】
岐路に立たされた大阪の楽団が街で突然 - 動画 - Yahoo!映像トピックス
地下鉄車内が突然コンサート会場に!コペンハーゲン・フィルハーモニーが仕掛けたフラッシュ・モブ
1人、2人、まだ増える!演奏者が次々現われ演奏に加わるサバデルのオーケストラ・フラッシュモブ
飛行機の出航遅れに苛立つ機内で、乗り合わせたフィラデルフィア・オーケストラの団員が生演奏

大阪市音がグランフロントでフラッシュモブ


タグ
次から次へと楽団員が登場。大阪市音楽団によるフラッシュモブがちょっと面白い