情けは人の為ならず。30年の時を超えた恩返しを描く、タイの携帯会社「True Move H」のCM
病に伏せる母親のため、薬を盗んで捕まった少年。激昂する薬屋の女店主を制し、事情を聞いた飯屋のおやじさんは、薬の代金を支払い、店の野菜スープと共に少年に渡す。

それから30年。相変わらずお人好しのおやじさんは、飯屋の中での仕事中に突然倒れる。昏睡状態に陥った父を救うためには大金が必要で、店を売りに出すことを決意した娘だったが……。

タイの携帯電話会社「True Move H」によるCM映像。

【関連】
言葉を話せない父と、その娘を描いたタイのCM
子は親の背中を見て育つ、親の鏡のような存在 Children See. Children Do.
子供「タバコの火、貸してくれませんか?」考えさせられる、タイの禁煙キャンペーン
小さな幸せを大げさに味わうCheersビールのCM

Giving


タグ
情けは人の為ならず。30年の時を超えた恩返しを描く、タイの携帯会社「True
Move
H」のCM