体に歯車の構造を持つ生物が発見される!若いウンカ類の後足でジャンプを補佐、英ケンブリッジ大学が発表
イギリス、ケンブリッジ大学のグレゴリー・サットンが発見、発表した、体に歯車状の構造を持つ生き物。それは、イネの害虫として広く知られるウンカの仲間で、後足の根本で左右の動きを30マイクロ秒以内に揃えるために利用されているという。

歯車構造が存在するのは若いウンカのみで、成長すると歯車は失われていく。そのため、正確なジャンプを覚えるための補助輪のような役割を果たしているのではないかと考えられているとのこと。この発見で、人類の発明以前から歯車が存在した可能性が考えられるんだとか。

バッテリーのように電気を内蔵する生物やモーターを持つ生物もいることだし、地球上をくまなく探せば、タイヤを持つ生物やプロペラを持つ生物なんかもいたりしてう。

【関連】
時事ドットコム:ウンカ類の脚に「歯車」=真っすぐにジャンプ-英大学

Planthopper gears in action



1.



2.

タグ
体に歯車の構造を持つ生物が発見される!若いウンカ類の後足でジャンプを補佐、英ケンブリッジ大学が発表