映像を投影して、物体の色味を光学的に変える技術を和歌山大学、天野研究室が開発
和歌山大学、天野研究室が開発した、物体に映像を投影することで、その物体の色味を変更する技術。

カメラで物体を撮影し、その物体に適した映像を重ねることで、色合いを変えたり彩度を上げたり白黒にしたり、物体を移動させても映像が動的に追従して変化させていく。

この技術に対応した本とかソフトとか、色々出てきたら面白そう。

【関連】
本も付箋もタッチ操作可能にしてしまう、富士通研究所が開発した次世代ユーザーインターフェース
緊急時に水のスクリーンが出現、情報を投影するシドニーの警告システムが格好いい
ボールやキューの位置にだけ映像が投影されるビリヤード台
ライブ映像の一要素が「存在していない」かのようにリアルタイム加工する驚異的な新技術 Diminished Reality

プロジェクタとカメラを用いた見かけの操作技術




タグ
映像を投影して、物体の色味を光学的に変える技術を和歌山大学、天野研究室が開発