死んだと思っていた幼い息子が生きていた!化学兵器疑惑のあがるシリア、ザマルカで親子が再会
シリア政府軍と反体制派による武力衝突が続くシリア。化学兵器が使用されたとの疑惑が上がっているザマルカにて、戦闘に巻き込まれて死んだと思い込んでいた幼い息子と父親との再会を撮影した映像。

最初に男の子を抱きかかえるのは父親ではなく、親族である模様。1:00過ぎに現れるのが父親。

あんなに幼い子供が死んだと思っていた悲しみと、生きていると知った喜びと、どちらも凄まじい衝撃だったろうね。

【関連】
愛する者たちの元へと生還した兵士たちの再会映像集
任務を終え、生還した兵士たちと愛するものたちとの再会
戦場から無事に帰還した兵士たちと、彼らを出迎えた愛犬たち その2
12日間行方不明だった愛猫が帰ってきた!思わず抱きしめ泣いてしまう10歳の少年
A very touching moment to meet up with his son after he lost due to chemical bombing of Zamalka 25/08/2013
タグ
死んだと思っていた幼い息子が生きていた!化学兵器疑惑のあがるシリア、ザマルカで親子が再会