鍛冶職人が本気で作ったウルヴァリンのアダマンチウム・クロー
有名映画やドラマの武器小物類を製作する現代の武器職人、トニー・スワットンが作る、ウルヴァリンのメインウェポン、アダマンチウム・クロー。架空の合金、アダマンチウムはもちろん手に入らないのでスチール製。

出来上がったものはウルヴァリンの爪そのもので、布やスイカやキュウリやサンドバッグ、薄いアルミ板やウルヴァリンなどを次々と切り裂き、突き刺してしまう。

銃刀法に違反するだろうけど、これは欲しい。

【関連】
鍛冶職人が本気で作ったFF7、クラウド・ストライフの愛剣バスターソード
現代の武器屋さん。映画やドラマ用に武器防具を鍛える鍛冶職人、トニー・スワットン
錆びついた古いハチェットを新品同様にリサイクルする、Jimmy DiRestaの職人技
早回しでどんどん組み上がる様子が気持ちよすぎる、足踏み旋盤の作り方

X-Men Wolverine Claws (The Wolverine) - MAN AT ARMS


タグ
鍛冶職人が本気で作ったウルヴァリンのアダマンチウム・クロー