ドイツ語はどうしてこんなにも独特なのか?他国の言語と単語ごとに比較してみた映像
ヴァイス(白)とかシュヴァルツ(黒)とかシュヴァイン(ブタ)とかクーゲルシュライバー(ボールペン)とか、どうしてドイツ語はこんなにも独特で(日本人的には)響きが格好いいのか。実際に他国の言葉と比較してみた映像。

比較対象はフランス語、英語、イタリア語、スペイン語。話す単語は飛行機、驚き、蝶々、ペン、デイジー、 救急車、科学の7つ。

なんというか、勢いで全部持っていかれてる感が強すぎ。あとサイエンス難解すぎ。

【関連】
ポリグロットの天才少年、ティム・ドネルくんが日本語を勉強する様子
17歳で次から次へと20ヶ国語を使い分けるポリグロット(多言語話者)のアメリカ人少年、ティム・ドネルくん
吸着音が特徴的なコサ語をレクチャーしてくれる南アフリカのガイドさん
猫語をマスターしたお姉さんの呼びかけに、次々現れる猫たち

How German Sounds Compared To Other Languages


タグ
ドイツ語はどうしてこんなにも独特なのか?他国の言語と単語ごとに比較してみた映像