こんなコスプレ見たことない!高さ約3メートル、4本腕の大型ロボットが「Comic Con 2013」に現れる
アメリカ、カリフォルニア州のサンディエゴで行われたオタクの祭典「Comic Con 2013」にて、アダム・サヴェッジが興奮気味に紹介するのは、あるコスプレイヤーが作った身長約3メートルの大型ロボット。

製作日数は24日間で、大きな腕は小さな腕と連動して動き、おそらく搭乗者の頭部とロボットの頭部も連動。ロボットの造形が素晴らしいのはもとより、目の色が赤や青に切り替わったり、胸部のメーターが動いたり、細部までこだわり抜いた作りが凄い。

製作したのは映画のSFX、アニマトロニクスを手がけるスタジオ、レガシー・エフェクツなどのスタッフたち。プロはやっぱり凄い。

2個目の動画は少女と触れ合う大型ロボット。

【関連】
横から見ると完成度が高い、二足歩行ロボットのコスプレ
本気すぎる「Bioshock」ビッグダディのコスプレ
無骨で格好いい!本物のパワードスーツみたいな「ウォーハンマー40,000: スペースマリーン」のコスプレ
迫力満点のストーンゴーレムのコスプレが凄い

Giant Robot Storms San Diego Comic Con 2013 - Wired App Wired


Giant Robot befriends Little Girl @ Comic-Con 2013


タグ
こんなコスプレ見たことない!高さ約3メートル、4本腕の大型ロボットが「Comic
Con
2013」に現れる