ダムを端からどんどん壊してく!ゴールドレイ・ダム撤去工事の微速度撮影映像
1906年にアメリカ、オレゴン州のローグ川に建設された、高さ11.6メートルの水力発電ダム、ゴールドレイ・ダム。1970年代には水力発電所が使われなくなったものの、ダムそのものは放置されたまま。

魚の行き来が制限されちゃってるし、さすがにそろそろ撤去しなきゃいけないでしょ、ということで、少しずつ解体していく様子を定点観測した微速度撮影映像。

川の流れを部分的にせき止めつつ、徐々に解体していくんだね。

【関連】
コンディット・ダムの爆破による大規模放流の微速度撮影映像
小さなトンネルが大きな陸橋に!陸橋建設工事の微速度撮影映像
巨大なダムが下から徐々に出来上がっていくコマ撮り映像
これは怖い!何の予兆もなく、鉄砲水が押し寄せてくる瞬間 スイスにて
Gold Ray Dam Removal Project in Time-lapse
タグ
ダムを端からどんどん壊してく!ゴールドレイ・ダム撤去工事の微速度撮影映像