生まれながらに左足に障害を持つアヒルのバターカップくん、3Dプリンターで義足を得て元気に走り回る
昨年11月にカナダ、トロントの高校で生まれたバターカップくんは、左足が奇形で歩くことも泳ぐことも困難なアヒル。

アメリカの3Dプリント会社、Novacopyの協力のもと、バターカップくんが普通に活動できるように3Dプリンターで作られたのがシリコン製の義足で、この映像は義足を付けてから初めての歩行。
元気に、自由に走れるようになってよかったね。

【関連】
3Dプリンタが叶えた夢。関節拘縮症を患う少女、エマちゃんを救った外骨格補助器具
下半身麻痺のハリネズミに自由を与えた車椅子
両前足を失い、義足を付けた亀
【画像】失われた手足を義肢で補い、自由を得た動物たち
Buttercup's foot is completed and he walks normally for the first time!
タグ
生まれながらに左足に障害を持つアヒルのバターカップくん、3Dプリンターで義足を得て元気に走り回る