まるで化学実験のような、日本料理店「龍吟」の苺アメ2011の作り方
山本征治シェフ率いるミシュラン三ツ星の日本料理店、龍吟にて作られる、-196℃~+99℃の温度差を楽しめるオリジナルデザート。

一から事細かく作り方を紹介した、龍吟のスタッフ向け資料映像で、超低温でシャーベットを作ったり、イチゴ飴でイチゴの形のケースを作ったり、まるで化学実験でもしているかのよう。

ここまで一つの品物に手間隙かけられるお店の料理って、一度食べてみたいね。

【関連】
美味しそうで美しい、シカゴの高級レストラン「ネクスト」の開店準備
食べられる風船!?分子料理法を用いたアリニア・レストランの不思議料理
海の上の極上レシピ、海上自衛隊の秘伝を紹介した、しらゆきカレーの作り方
光届かぬ海の中で食される、海上自衛隊の人気メニュー、潜水艦ラーメン
日本料理 龍吟 苺アメ2011
タグ
まるで化学実験のような、日本料理店「龍吟」の苺アメ2011の作り方