15歳の少女が発明した熱発電懐中電灯「The Hollow Flashlight」が凄すぎる!手に持つだけで発電して光る!Googleが企画する学生向けの科学コンテスト、Google Science Fair 2013のファイナリストとなった、カナダ、ブリティッシュコロンビア州のビクトリア在住の15歳の少女、アン・マコシンスキーちゃん。
彼女が発明したのは、体温で温めるだけで光る熱発電懐中電灯「The Hollow Flashlight」。

ペルティエ素子で熱を電気へと変換し、懐中電灯を点灯させられるように回路を設計、変圧器を調整。
The Hollow Flashlightの製作にかかるコストは26ドルなので、大量生産できるようになれば非常に安価に普及させることができる。

スマートフォンにも家の家電製品にも応用できるし、電気自動車も太陽光&太陽熱で動かせるようになれば効率いいよね。

【関連】
ライス大学で研究中の「歩くだけで発電する靴」プロトタイプ
世界初、お湯を流すと発電するチューブ パナソニックの熱発電チューブ
窓ガラスで発電するという無限の可能性!透明な太陽光パネルの研究
Wi-Fi電波や地デジ波で発電できる装置 レクテナ
The Hollow (Thermoelectric) Flashlight - Google Science Fair
タグ
15歳の少女が発明した熱発電懐中電灯「The
Hollow
Flashlight」が凄すぎる!手に持つだけで発電して光る!