得体のしれない存在であるタンポポの綿毛と戦うキースホンド犬のチャーリーくん緑一面の芝生の中で、ひときわ存在感を放つ白くて丸くてフワフワした存在、タンポポの綿毛に警戒心をあらわにする、オランダ原産の中型犬、キースホンドのチャーリーくん。

もしかしたら敵かもしれない綿毛に向かって吠えかかり、前足を押し付けて勇ましく戦う。
これはあれだ、同族嫌悪ってやつかもしれない。

【関連】
タンポポの綿毛と戯れる子犬
お花をモシャモシャ食べる子ウサギ
タンポポの花が咲き、しぼんで綿毛となるまでを微速度撮影した映像
イチゴの存在を持て余し気味。食べるでもなく戦う子犬のスカジちゃん

Charlie Keeshond Puppy


タグ
得体のしれない存在であるタンポポの綿毛と戦うキースホンド犬のチャーリーくん