お金を入れてボタンを押して、自動販売機からジュースを飼うフサオマキザルのアキちゃんコイン投入口にお金を入れて、ボタンのランプが点灯したらボタンを連打。お釣りはちゃんと飼育員さんに渡して、ジュースのフタを開けて飲む。

ほぼ自分ひとりで自動販売機からジュースを買って飲むことができる、東北サファリパークのフサオマキザル、アキちゃん。

フサオマキザルは野生でも道具を使うことが知られている、賢いサルなんだそうで。
もうちょっと大人になったら最初から自分でフタを開けられるようになるだろうね。

【関連】
脊椎損傷で動かない体にかわって動いてくれる、訓練されたオマキザル
遠慮がちに子犬を愛でる子猿
人間を観察し、食器洗いを覚えた猿 ボリビア
人間が作った手すりを有効活用する猿たち

ジュースを買うフサオマキザル


タグ
フサオマキザル
東北サファリパーク
自動販売機