振動の周波数で幾何学模様が姿を変える、クラドニ図形の実験映像先日紹介したクラドニ図形の実験は、バイオリンの弦を使って振動を与えたもの。
今回の実験は機械で振動の周波数を調整したもので、どの周波数だとどういう幾何学模様が現れるのかがよく分かるようになっている。

周波数が上がるに従い、より細かく複雑な模様になっていったかと思ったら、横縞になったり、さいの目状になったり。
平面じゃなくて、立体的に振動の形を見たらどういう状態になっているんだろ。

【関連】
音の形が目に見えて浮かび上がる、真鍮板と砂で作ったクラドニ図形
音を使って薬液を浮遊させる実験 アルゴンヌ国立研究所
音で炎をかき消す実験に成功。DARPA(米国防総省国防高等研究計画局)による実験映像
極低温のピンポン玉が高速回転!液体窒素を使った面白科学実験

Amazing Resonance Experiment!


タグ