宇宙コロニーへの移住を見据えて作られた巨大密閉空間 バイオスフィア2人類の宇宙空間などへの移住を見据え、人間が密閉された空間で生きられるのか?ということを実験するため、20年以上前に作られた巨大な密閉空間、バイオスフィア2。

当初は2年交代で100年間の継続を計画していたものの、酸素不足や二酸化炭素不足、食料不足や飢えなどからくる心理的問題により、第1回目は1991年から1993年までで終了。第2回目も1994年からわずか6ヶ月で終了し、現在はアリゾナ大学が利用する施設となっている。

こういう実験を行うことで、密閉空間には何が必要だったのか、何が問題だったのかを洗い出すことができるわけで、そういう意味ではとても意味のある実験だったってことだよね。
【関連】
バイオスフィア2 - Wikipedia
宇宙空間で足りない物もその場で作れる!Zコーポレーションの3Dプリンターが凄い
水深6メートルの水中に作ったドーム状の空間が楽しそう
【画像】廃墟と化したNASAの施設、クロウズランディング空港の内外を撮影した写真40枚

Sally Silverstone & Linda Leigh - Biosphere 2
タグ