【画像】理想と現実違いすぎ。顔写真を元に彫ってもらった、ちょっと酷いタトゥー14枚「大好きな俳優さんを彫って欲しいの!」「最愛の我が子を永遠に刻んでくれ!」。
そうしたくなる気持ちはよく分かるし、そんな依頼がタトゥーアーティストの元へ舞い込むのは珍しくもない事なのかもしれない。

でも、あらゆるタトゥーアーティストの腕前が、人物の顔を写実的に描けるレベルかといったらそんなわけもなく、写実的に描けたとしても間違った方向にリアルだったりして、必ずしも依頼人の希望に沿う作品が出来上がるとは限らないのだ。

頑張って似せて描いたその結果が見るからに恐ろしい顔であるという事実を、もうちょっと問題視する必要があるんじゃないかな。描いたタトゥーアーティストさんは。

【関連】
【画像】理想と現実違いすぎ。顔写真を元に彫ってもらった、ちょっと酷いタトゥー10枚
ジュリア・ロバーツが大好きすぎて、全身に82個の肖像画を彫った男
Facebookの友達全員のアイコンを刺青にしたソーシャルタトゥー
ゾンビボーイと呼ばれる全身タトゥーの男、リック・ジュネを素肌メイクでタトゥー前に戻してみた



1.




2.




3.




4.




5.




6.




7.




8.




9.




10.




11.




12.




13.




14.

source:Flabber




タグ