アイアンマンのヘルメット内部、あの未来っぽいヘッドアップディスプレイのCGができるまで映画「アイアンマン3」でトニー・スタークがアイアンマンとなり、ヘルメット内部で多くの情報を処理するために映し出されるヘッドアップディスプレイが、いかに作られたのかを説明してくれる映像。

ディスプレイの一部のちょっとした情報でも、きちんと作り上げて重ね合わせていく。

手がけたのはCantina Creativeというスタジオで、アバターやマトリックスシリーズなどの映像も手がけてるみたい。

途中で日本日本って書いてあったディスプレイは一体なんの情報を表示してたんだろうか。
【関連】
合成の境目が判別不可能、スターゲートスタジオの背景合成技術
違和感のない光源処理で写真を合成するシステム LuxRender
映像の中に現実を創り上げる、海外ドラマ「ジョン・アダムス」映像合成技術
CG加工で完成した映像と、加工過程を紹介したメイキング映像

IRON MAN 3 HUD + GFX PROCESS REEL
タグ