人々の活気あふれる1939年、ニューヨークのカラー映像フランス人の観光客、ジャン・ヴィヴィエが1939年に撮影した、アメリカ、ニューヨークの当時の様子。
16ミリコダクロームで撮影した映像で、保存状態がとてもよく、それだけ活き活きとしたニューヨーカーの様子が伝わってくる。

もしもこの時代にタイムトラベルしたとしても、人間なんてそう大きくは変わらないのかもしれないね。
【関連】
1930年に世界一高い建築物だったクライスラービルの建設ドキュメンタリー映像
ニューヨークの風景のあちこちを眺めた逆ティルト微速度撮影映像 The Sandpit
廃墟もゴミ溜めもひっくるめて撮影した、ニューヨークの高速スライドショー映像
200カ国の平均寿命と平均年収の200年にわたる変化を分かりやすく表現した解説映像

1939 New York Color - Looks Like Filmed Yesterday
タグ