隠し扉に秘密のボタン。18世紀ドイツの天才家具職人、アブラハム&ダーフィト・レントゲンのからくりキャビネットドイツの家具職人、アブラハム・レントゲン(1711年-1793年)とその息子、ダーフィト・レントゲン(1743年-1807年)の工房で作られた最高傑作の一つ、Berlin Secretary Cabinet。

華やかな装飾の各所に隠されたボタンを押し、鍵穴に鍵を入れて解錠することで、隠された引き出し等が飛び出してくる。
2個目の動画は父、アブラハムが手がけた仕事机。

見た目も機能性もワクワクっぷりも申し分ない、これは明らかに天才家具職人の仕事。
【関連】
トランスフォームして大きくなったり隠れたりする家具いろいろ
一瞬で内装が変わる!プロジェクションマッピングを利用したリビングルーム
【画像】遊び心たっぷり!ストレートライン・デザインズによる面白家具20作品
【画像】コンセントを挿すと椅子になる!ベルギーのデザイナーが作った形状記憶椅子 写真12枚

The Roentgens' Berlin Secretary Cabinet


Abraham Roentgen's Writing Desk
タグ