空飛ぶ車のひとつの形。4輪4ローターのラジコンヘリコプター B空飛ぶ車の現実的な完成形のひとつは、もしかしたらこんな形なのかもしれない。そう思わせてくれるのが、4輪のラジコンカーであり、4ローターのラジコンヘリコプターでもある「B」と名付けられたコチラの機体。

4つのタイヤすべての中にプロペラがあり、車としての走行中はタイヤが回り、空をとぶ時は動力がプロペラへと伝わる。1回の充電で15分間の動作が可能で、走行中に離陸することも、着陸と同時に走行することも可能。

現在はKickstarterで資金調達中だけど、将来的には自動車と同じサイズで緊急車両として利用したり、新たなモータースポーツとしての利用したりと考えているみたい。
飛べて走れる緊急車両というのは地形や状況によってはとてもいいかもしれないね。
【関連】
空飛ぶ車はここまで来た!ヘリコプターにトランスフォームする三輪自動車 PAL-V
陸海空を制覇した、空飛ぶ自家製ホバークラフト
一方ロシアはパラモーターにタイヤを付けた
空飛ぶ車に立体映像にロボ。フィクションで想像してきた未来の世界をまとめた映像



1.




2.




3.




4.




5.





B flying car, new technology 2013
タグ