17歳で次から次へと20ヶ国語を使い分けるポリグロット(多言語話者)のアメリカ人少年、ティム・ドネルくん英語、フランス語、ハウサ語、ウォロフ語、ロシア語、ドイツ語、イディッシュ語、ヘブライ語、アラビア語、パシュトー語、ペルシア語、中国語、イタリア語、トルコ語、インドネシア語、オランダ語、コーサ語、スワヒリ語、ヒンディー語、オジブウェー語。次から次へと20ヶ国語を使い分けるポリグロット(多言語話者)の17歳少年、ティム・ドネルくん。

2個目のニュース番組のインタビューでは23ヶ国語を話せるようになったとのことで、日本語も勉強中。いくつかの言葉を覚えると、そこから派生して別の言語を覚えるのも結構簡単だとかいうけれど、マイナーな言語も含めてここまで話せるのは凄い。
いくつかの言葉を覚えるとあとが楽なんじゃなくて、きっといくつかの言葉を習得できる能力を持った人は、その先も楽ってことだよね。

【関連】
吸着音が特徴的なコサ語をレクチャーしてくれる南アフリカのガイドさん
フィラデルフィア在住、花°ミンクスお姉さんの優しい日本語講座
カナダにドイツにウクライナ、世界中のモデルさんに早口言葉をお願いしてみた
猫語で何かを語る猫 その2

American Polyglot Practicing 20 Languages


Teen speaks 20 languages


タグ