小太郎ぶろぐ

面白い動画や画像、ショートフィルム、映画予告編、アニメーションなどを毎日紹介するよ!

  • RSS
  • Twitterで小太郎ぶろぐをフォローする

TOPページ > CM動画

今日のニュース

もしも幼きモーツァルトが音楽系の配信者だったら、あの素晴らしい才能は埋もれていたかもしれない

カテゴリー
CM動画
動画
タグ
もしも幼きモーツァルトが音楽系の配信者だったら、あの素晴らしい才能は埋もれていたかもしれない

もしも幼きモーツァルトが音楽系の配信者だったら、あの素晴らしい才能は埋もれていたかもしれない
もしもモーツァルトが生きていた時代にインターネットがあり、ソーシャルメディアがあって、幼きモーツァルトが音楽を配信していたら、という設定のCM映像。

たくさんの視聴者と、応援するコメント、褒めるコメント。しかし一部には「これはひどい」「気取ったガキ」「失敗したぞ!」というコメントをする視聴者も。

最後のメッセージは「ネットユーザーの4人に1人が、ネットでのイジメやハラスメントを経験したことがある」というもの。

なんでも褒めろ、否定的な意見を言うな、というわけではないけれど、90点の加点を無視して10点の減点ばかりをあげつらう人って多いよなぁ、とは思う。

続きを読む

コメント
0
カテゴリー
CM動画
動画
投稿日
2022/01/29

自分の骨が轢かれる衝撃。横断歩道のない道路を渡る人々への注意喚起

カテゴリー
CM動画
動画
タグ
自分の骨が轢かれる衝撃。横断歩道のない道路を渡る人々への注意喚起

自分の骨が轢かれる衝撃。横断歩道のない道路を渡る人々への注意喚起
バス停に設置されたディスプレイには、自分の動きを追従する骨が映し出されている。

自分の動きをする骨に喜び、踊ったりポーズをとったりして楽しんでいると、突然突っ込んできた車に轢かれて倒れてしまう骨。

横断歩道のない道路を渡ると危険だという、歩行者に対する注意喚起で行われた企画。

続きを読む

コメント
0
カテゴリー
CM動画
動画
投稿日
2022/01/19

当時の雰囲気がわかって面白い。1995年のクリスマスシーズンに放映された海外CM集

カテゴリー
CM動画
動画
タグ
当時の雰囲気がわかって面白い。1995年のクリスマスシーズンに放映された海外CM集

当時の雰囲気がわかって面白い。1995年のクリスマスシーズンに放映された海外CM集
1995年のクリスマスシーズンに放映された海外コマーシャルのまとめ映像。

丁度、トイ・ストーリー1作目やジュマンジが公開された年だとか、マクドナルドのドナルド・マクドナルドさんが大々的に出てきたりとか、当時の雰囲気がわかって面白い。

食べ物のCMとかトリートメントのCMとか、基本的にこの当時と今とで表現手法はあんまり変わらないね。

続きを読む

コメント
0
カテゴリー
CM動画
動画
投稿日
2021/12/17

ネズミ捕りの罠とピンポン玉で例えた「社会的距離をとることの重要性」

カテゴリー
CM動画
動画
タグ
ネズミ捕りの罠とピンポン玉で例えた「社会的距離をとることの重要性」

ネズミ捕りの罠とピンポン玉で例えた「社会的距離をとることの重要性」
触れると作動するネズミ捕りの罠の上にピンポン玉を乗せて例えた、社会的距離を保つことの重要性。

隙間なく敷き詰められた状態では、罠が次々に連鎖して作動してしまうけれど、隙間を開けていればそうはなりにくい。

アメリカ、オハイオ州の保健局が、ソーシャルディスタンスを保つよう呼びかけるために製作した映像。

感染症の拡大も同じようなもので、視覚的なメッセージとしてはわかりやすい。

【関連】
自分の周囲2メートルをレーザーで範囲表示。ソーシャルディスタンス・レーザーヘルメットを自作した男

続きを読む

コメント
0
カテゴリー
CM動画
動画
投稿日
2021/12/02

ニュージーランドで放送中止となった「日常に潜む危険」のテレビCM

カテゴリー
CM動画
動画
タグ
ニュージーランドで放送中止となった「日常に潜む危険」のテレビCM

ニュージーランドで放送中止となった「日常に潜む危険」のテレビCM
1990年代から2000年初頭にかけて放映された、ニュージーランドのテレビCM。

何らかの商品のCMだと思わせて、CM出演者が思わぬ事故で怪我をする。

身近に潜む危険に注意して、安全な生活、行動を心がけようという呼びかけはいいけれど、視聴者への刺激が強すぎるということで放送中止に。

事故というものは思いがけずに起きるから、こういうCMの方が啓蒙になるだろうと作られたのは理解できる。

続きを読む

コメント
0
カテゴリー
CM動画
動画
投稿日
2021/11/10

背景が次々と移り変わるCMの撮影舞台裏が面白い

カテゴリー
CM動画
動画
タグ
背景が次々と移り変わるCMの撮影舞台裏が面白い

背景が次々と移り変わるCMの撮影舞台裏が面白い
お爺ちゃんが野外で焚き火を前に喋っていたかと思えば、一瞬でスーツに着替えて大都会の中へ。

落ち着いた雰囲気の図書館から、人々がサッカー観戦するバーへ移動し、今度はスポーツ選手達が大勢現れたかと思えば、スロットやルーレットのあるカジノへ。

まったく違った場所に次々と移動するCMと、その撮影時の映像を同時に再生した比較映像が面白い。

続きを読む

コメント
0
カテゴリー
CM動画
動画
投稿日
2021/11/09

ショッピングモールに中世の人物たちが現れて大捕物を演じる、アムステルダム国立美術館のプロモーション

カテゴリー
CM動画
動画
タグ
ショッピングモールに中世の人物たちが現れて大捕物を演じる、アムステルダム国立美術館のプロモーション

ショッピングモールに中世の人物たちが現れて大捕物を演じる、アムステルダム国立美術館のプロモーション
2013年にアムステルダム国立美術館のプロモーションとして行われた、ショッピングモール内での大捕物。

アラームとともに泥棒が走り回り、市民隊が現れて泥棒を追い、中世の人物たちが次々に現れては集まってくる。

最終的に、レンブラントの絵画「夜警」の構図に。

続きを読む

コメント
0
カテゴリー
CM動画
動画
投稿日
2021/08/07

「兜は頭が痒くなるからイヤなんだよ!」と、兜を被りたがらないヴァイキングを使った、デンマークの交通安全CM

カテゴリー
CM動画
動画
タグ
「兜は頭が痒くなるからイヤなんだよ!」と、兜を被りたがらないヴァイキングを使った、デンマークの交通安全CM

「兜は頭が痒くなるからイヤなんだよ!」と、兜を被りたがらないヴァイキングを使った、デンマークの交通安全CM
893年のデンマークにて、イングランドに船出するヴァイキングたち。

息子が届けてくれた兜を被ろうとしないリーダーに、仲間が「兜を被るべきでは?」と声をかけるも、彼は頭が痒くなるからイヤだと拒否。

痒くなろうが、髪型が崩れようが、ヘルメットはちゃんと被るべきだぞ、というデンマークの交通安全CM。

略奪するのは勝手だが、つべこべ言わずに兜を被れ、という奥さん強い。

【関連】
片側の欠けた墓標で注意喚起。ニュージーランドの鉄道会社による、踏切への侵入防止を呼びかけるメッセージ
“ながら運転”や“脇見運転”の危険性がよく分かる、事故の瞬間を記録した車載カメラ映像集

続きを読む

コメント
0
カテゴリー
CM動画
動画
投稿日
2021/06/08

ページトップへ

アクセスランキング