小太郎ぶろぐ

面白い動画や画像、ショートフィルム、映画予告編、アニメーションなどを毎日紹介するよ!

  • RSS
  • Twitterで小太郎ぶろぐをフォローする

TOPページ > 武器・防具

今日のニュース

鍛冶職人が作った対ゾンビ撃退用ロマン武器

カテゴリー
武器・防具
動画
タグ
鍛冶職人が作った対ゾンビ撃退用ロマン武器

鍛冶職人が作った対ゾンビ撃退用ロマン武器
鍛冶職人、DiRestaさんによる、対ゾンビ用のロマン武器の製造工程。

可変するタイプの刺突近接武器で、8:25からがカボチャを使った実演。

可変するのはロマンだけど、効果の程はちょっと微妙で、斧でいいじゃんとか思ってしまった。

【関連】
突き刺した杭からガス注入、ゾンビの頭を内側から破裂させる武器を自作したスリングショットのおっさん
鍛冶職人が本気で作った、3種の対ゾンビ用武器
ゾンビが出たらこれで戦うぜ!…という、自作武器の写真34枚
ゾンビが出たらこれで戦うぜ!…という武器いろいろ写真23枚

続きを読む

コメント
17
カテゴリー
武器・防具
動画
投稿日
2018/10/28

剣は斬らずに刺して使う。プレートアーマーを着た中世の騎士たちの戦い方を、実演を交えて解説

カテゴリー
武器・防具
タグ
剣は斬らずに刺して使う。プレートアーマーを着た中世の騎士たちの戦い方を、実演を交えて解説

剣は斬らずに刺して使う。プレートアーマーを着た中世の騎士たちの戦い方を、実演を交えて解説
全身を金属で覆うプレートアーマーを着込んだ14世紀の騎士たちが、いかに戦ったのかを実演しつつ解説してくれる映像。

金属鎧を剣で斬り裂くのはほぼ不可能だし無駄なこと。

両手で広く剣を掴み、鋭い刃先で鎧の隙間を狙って刺す、あるいは逆さに持った剣の鍔でハンマーのように打撃を与えるのが主流なんだとか。

【関連】
14世紀の騎士が遺した文献をもとに、西洋剣術の型を再現してみた映像その3
鍔迫り合った剣を支点に隙を突く!西洋剣術のトレーニング風景
15世紀の騎士たちはこうやって戦っていた!フランス国立クリュニー中世美術館が紹介する再現映像
槍は剣よりも強し。槍がどれだけ強いのか、槍以外の近接武器と試合形式で比較してみた

続きを読む

コメント
8
カテゴリー
武器・防具
投稿日
2018/10/16

普通じゃないのが格好いい!奇妙なデザインに心くすぐられる武器の写真21枚

カテゴリー
武器・防具
画像
タグ
普通じゃないのが格好いい!奇妙なデザインに心くすぐられる武器の写真21枚

普通じゃないのが格好いい!奇妙なデザインに心くすぐられる武器の写真21枚
実用性を追求した結果か、あるいは格好良さを優先した結果か。

どちらにしても、およそ普通とはかけ離れたデザインをした、各種武器に心くすぐられてしまう写真集。

ゴテゴテした重そうな武器は、取り回し大変そうだし自分を傷つけそうだしでロマン武器すぎる。

【関連】
中二心がくすぐられる、近接武器と融合した銃器の写真17枚
チャクラム、マカナにジャマダハル!奇妙な武器ほど好ましい、7つの変わり種武器たち
ゾンビが出たらこれで戦うぜ!…という武器いろいろ写真23枚
ゾンビが出たらこれで戦うぜ!…という、自作武器の写真34枚

続きを読む

コメント
13
カテゴリー
武器・防具
画像
投稿日
2018/09/18

原作そのままに忠実に再現!高い技術力で自作した、「るろうに剣心」の逆刃刀

カテゴリー
武器・防具
動画
タグ
原作そのままに忠実に再現!高い技術力で自作した、「るろうに剣心」の逆刃刀

原作そのままに忠実に再現!高い技術力で自作した、「るろうに剣心」の逆刃刀
カスタムオーダーで様々な武具を製作する「ボルチモア・ナイフ&ソード」の鍛冶工房で作られた、「るろうに剣心」の逆刃刀。

普通に構えれば鈍器として不殺を貫き、刀を返して峰打ちすれば、なかなかの斬れ味で標的を破壊する。

最後の試し斬りを見れば、鈍器として使っても普通に凶器なんだってよく分かる感じ。

【関連】
原作そのままに忠実に再現!高い技術力で自作した、進撃の巨人の超硬質ブレード その2
デカくて無骨で斬れ味スゴい!漫画「BLEACH」の斬魄刀、斬月を再現製作する職人さん
鍛冶職人が本気で作ったウルヴァリンのアダマンチウム・クロー
鍛冶職人が本気で作ったアサシンクリードの暗殺用隠し武器、アサシンブレード

続きを読む

コメント
15
カテゴリー
武器・防具
動画
投稿日
2018/08/23

映画「フロム・ダスク・ティル・ドーン」に登場するポンプアクション・クロスボウを実際に作ってみたスリングショットのおっさん

カテゴリー
武器・防具
動画
タグ
映画「フロム・ダスク・ティル・ドーン」に登場するポンプアクション・クロスボウを実際に作ってみたスリングショットのおっさん

映画「フロム・ダスク・ティル・ドーン」に登場するポンプアクション・クロスボウを実際に作ってみたスリングショットのおっさん
クライムアクションやサスペンス映画かと思ったら、途中から吸血鬼との血みどろバトルに突入する映画「フロム・ダスク・ティル・ドーン」。

個性的な武器が登場するこの映画の中に出てくる、ポンプアクション・クロスボウは実際に作れて作動するものなのかを、スリングショットのおっさんが自作して紹介。

ポンプアクション・クロスボウの紹介は4:40から。実際に射撃するのは7:10から。

このおっさんはホント、ゾンビが出ても吸血鬼に襲われても余裕で生き延びられそうだ。

【関連】
レゴラスの如き速射を可能に!スリングショットのおっさんが作った、マガジン付き弓矢「インスタント・レゴラス」
スリングショットのおっさんが作った、電動ドリルが動力のフルオート・クロスボウ
凶悪すぎる!赤熱した鉄筋を弾として射出するクロスボウを作ってみた
手の甲に装着するタイプのクロスボウ・ガントレット WristBow

続きを読む

コメント
4
カテゴリー
武器・防具
動画
投稿日
2018/07/11

古い板バネを大きなボウイナイフに生まれ変わらせる鍛冶職人

カテゴリー
武器・防具
動画
タグ
古い板バネを大きなボウイナイフに生まれ変わらせる鍛冶職人

古い板バネを大きなボウイナイフに生まれ変わらせる鍛冶職人
古い板バネの一枚を剥がし、ボウイナイフの素材としてリサイクルする鍛冶職人さんの製作風景。

ただの黒ずんだ鉄材だったものが、どんどん形を変えていき、磨かれて刃となっていく工程がすごく気持ちいい。

これだけデカいと、ナイフというより短剣って感じ。

【関連】
古い板バネをリサイクル。弓の素材に使ってみた
古びた“たがね”が美しく生まれ変わる、Jimmy DiRestaの職人技
錆びついた古いハチェットを新品同様にリサイクルする、Jimmy DiRestaの職人技
錆びついて折れた斧の柄をアルミニウム製に作り変える、Jimmy DiRestaの職人技

続きを読む

コメント
9
カテゴリー
武器・防具
動画
投稿日
2018/03/25

ゾンビが出たらこれで戦うぜ!…という、自作武器の写真34枚

カテゴリー
武器・防具
画像
タグ
ゾンビが出たらこれで戦うぜ!…という、自作武器の写真34枚

ゾンビが出たらこれで戦うぜ!…という、自作武器の写真34枚
ゾンビが出たけど武器がない!武器がないなら作ればいい!

というコンセプトのもと自作された、対ゾンビ武器の数々。

攻撃力も耐久性も問題なさそうなものも多い中、ロマンだけでデザインしたような武器もいろいろ。

フレイルとかモーニングスター系の武器は攻撃力高そうだけど、使いこなすの難しそうだし自分に攻撃しちゃいそう。

【関連】
ゾンビが出たらこれで戦うぜ!…という武器いろいろ写真23枚
クロスボウもシャベルも標準装備。ゾンビ黙示録を生き抜くためのバイク「SURVIVAL BIKE BLACK-OPS EDITION」
突き刺した杭からガス注入、ゾンビの頭を内側から破裂させる武器を自作したスリングショットのおっさん
【画像】来たるべきゾンビ黙示録にて、あったら嬉しい素敵アイテムたち 写真10枚

続きを読む

コメント
21
カテゴリー
武器・防具
画像
投稿日
2018/03/14

使い捨てライターを巨大化させた自作アイテムがもはや火炎放射器

カテゴリー
武器・防具
動画
タグ
使い捨てライターを巨大化させた自作アイテムがもはや火炎放射器

使い捨てライターを巨大化させた自作アイテムがもはや火炎放射器
普通は手のひらにすっぽり収まるサイズの使い捨てライターを、両手で抱えないと持てない大きさで自作。

携帯性を犠牲にしつつも、着火の速さや攻撃力に関しては大幅にパワーアップ。

イギリスで市販されているプロパンバーナーを利用したもので、あくまでも火炎放射器ではないらしいけど、この威力は間違いなく火炎放射器。

【関連】
火炎放射器と放水ポンプ、どちらが強いか真っ向勝負してみた実験映像
一般販売されている火炎放射器「XM42」を手に入れ、とても嬉しそうに火炎放射するお爺ちゃん
さすがアメリカ。スズメバチの巣を火炎放射器で燃やし尽くして豪快に駆除
なんて渋すぎるアイテムなんだ!白金の触媒効果で着火する、アンティークなプラチナ触媒式ライター

続きを読む

コメント
7
カテゴリー
武器・防具
動画
投稿日
2018/03/11

ハルクになった気分でパンチを繰り出せる鉄製の拳「ハルク・フィスト」を作ってみた

カテゴリー
武器・防具
動画
タグ
ハルクになった気分でパンチを繰り出せる鉄製の拳「ハルク・フィスト」を作ってみた

ハルクになった気分でパンチを繰り出せる鉄製の拳「ハルク・フィスト」を作ってみた
マーベル・コミックのスーパーヒーロー、ハルクのような強力なパンチを繰り出したい!

ということで作ったのは、鉄板を切り抜き、重ね、溶接した固くて重いハルク・フィスト。

ハルクとまではいかないまでも、この重さで叩きつければ、色々なものを破壊できるというわけ。

ハルク・フィストで色々壊しまくるのは4:50以降から。

楽しそうだけど、手首折れそうで怖い。

【関連】
高潔な心の持ち主でなければ持てない!?マイティ・ソーの魔法のハンマー、ムジョルニアを自作、道行く人に持たせてみた
【画像】超人ハルクのコスプレを適当にするべきでない理由
まさに超人ハルク体型!アメコミから飛び出したかのようなイラン人ボディービルダーがすごい
ファン製作とは思えない出来!暴走したハルクとハルクバスターを装着したアイアンマンが戦う3DCGショートフィルム IRON MAN GAMMA PROTOCOL

続きを読む

コメント
6
カテゴリー
武器・防具
動画
投稿日
2018/02/17

歴史上、もっとも奇妙で変なデザインに違いない、イングランド王ヘンリー8世の兜

カテゴリー
武器・防具
画像
タグ
歴史上、もっとも奇妙で変なデザインに違いない、イングランド王ヘンリー8世の兜

歴史上、もっとも奇妙で変なデザインに違いない、イングランド王ヘンリー8世の兜
16世紀、イングランド王ヘンリー8世が所有した、おそらく歴史上もっとも奇妙でヘンテコなデザインの兜。

1511年、神聖ローマ皇帝のマクシミリアン1世から、若き王への贈り物として職人に製作を依頼されたもので、戦よりも裁判官として職務を行う際に用いられたものだという。

とはいえ、ここまで笑ってしまう見た目だったら、戦の際に相手を精神的に動揺させる効果も高そうに思えてしまう。

【関連】
【画像】変てこすぎて面白い、デザインがおかしい13の兜たち
【画像】骨を断たせて肉を刺す!クマと戦うために昔のロシア人が考えた全身トゲトゲスーツ
【画像】ネコやネズミ専用の全身鎧が素敵すぎる、ジェフ・デ・ボーアのアート作品 写真20枚
【画像】ちょっと欲しい、まるで西洋鎧のような甲冑パーカー

続きを読む

コメント
13
カテゴリー
武器・防具
画像
投稿日
2018/02/14

猫に火薬袋を背負わせ、火を着け放つ。16世紀ドイツの書物に描かれた猫爆弾のイラスト

カテゴリー
武器・防具
画像
タグ
猫に火薬袋を背負わせ、火を着け放つ。16世紀ドイツの書物に描かれた猫爆弾のイラスト

猫に火薬袋を背負わせ、火を着け放つ。16世紀ドイツの書物に描かれた猫爆弾のイラスト
アメリカ、ペンシルベニア大学に保管されている1584年の砲術書「Feuerwerkbuch」に、猫と鳥を利用した火計が描かれている。

標的とする街に住む猫や鳥に火薬袋を背負わせ、火を着けてから解き放ち、街で火事を起こすという作戦。

ペンシルバニア大学の常勤研究員、ミッチ・フラース氏によると、この作戦が「うまく成功するとはとても思えない」そうで、実際に実行されたかどうかは疑問なのだとか。

【関連】
16世紀の独語写本に「火猫の計」? | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
意味が分からないよ!中世に描かれた謎のイラスト24枚
これはひどい。1888年に発行された雑誌の「ワニ狩り」イラストが非人道的すぎる
スーパーヒーローも暗黒卿も16世紀調。サシャ・ゴールドバーガーの肖像画風ポートレート写真15枚

続きを読む

コメント
14
カテゴリー
武器・防具
画像
投稿日
2018/02/13

本物の対戦車砲みたいに無駄に大掛かりなペイントボール銃がスゴい

カテゴリー
武器・防具
動画
タグ
本物の対戦車砲みたいに無駄に大掛かりなペイントボール銃がスゴい

本物の対戦車砲みたいに無駄に大掛かりなペイントボール銃がスゴい
ペイントボールを撃ち出すだけならもっと小さくてもいいのに、あえて本物の対戦車砲のように大掛かりでデカいペイントボール銃がスゴい。

三脚を含めた重量は110キロで、長さは180センチ。37mm口径。

圧縮空気で弾を撃ち出し、薬莢は排出。有効射程範囲は50メートルから125メートル。

完全に趣味の世界だけど、それがいいんだよね。

【関連】
ドイツ軍の37mm対戦車砲をアレンジした自作のBB弾発射式対戦車砲
完全にオーバーキル。対戦車砲でiMacの5Kディスプレイモデルを撃ち抜いてみた破壊実験影像
16枚並べた鉄板をラハティ L-39 対戦車銃でぶち抜く実験映像
対戦車砲を迎撃するアクティブ防護システム「アリーナ」発動の瞬間をとらえたスローモーション映像

続きを読む

コメント
9
カテゴリー
武器・防具
動画
投稿日
2018/01/29

発想やデザインが“普通じゃない”、レアもの銃火器の写真40枚

カテゴリー
武器・防具
画像
タグ
発想やデザインが“普通じゃない”、レアもの銃火器の写真40枚

発想やデザインが“普通じゃない”、レアもの銃火器の写真40枚
隠し持つことを第一にデザインされたものや、とにかく威力を高めることを重視したもの、装弾数を増やしたものや、近接武器との融合を果たしたものなど。

一般的とはいい難い、レアもの銃火器の写真40枚。

銃身をとにかくいっぱい並べて、無理やり連射できるようにした銃とかいいよね。

【関連】
攻撃力が2倍である事が一目でわかるピストル AF2011-A1
中二心がくすぐられる、近接武器と融合した銃器の写真17枚
チャクラム、マカナにジャマダハル!奇妙な武器ほど好ましい、7つの変わり種武器たち
【画像】「アヒルの足」の名を持つ銃 ダック・フット・ピストル

続きを読む

コメント
19
カテゴリー
武器・防具
画像
投稿日
2018/01/26

斬られたら相当ヤバそうなナイフを作る作業風景の早回し

カテゴリー
武器・防具
動画
タグ
斬られたら相当ヤバそうなナイフを作る作業風景の早回し

斬られたら相当ヤバそうなナイフを作る作業風景の早回し
刀身が水平に切断されてズレてしまったかのような、ギザギザしたデザインのナイフを作る作業風景の早回し映像。

こんなナイフで斬られても突かれても、傷跡がズタズタで相当ヤバいことになりそう。

斬れ味そのものはそれほどでもないのが逆に怖い。

【関連】
波打つ刃が美しいクリスナイフを作る、Jimmy DiRestaの職人技
鍛冶職人ジョン・ニーマンによる、ダマスカスナイフができるまで
石の塊をアングルグラインダーで削り、石のナイフを作ってみた
第一次世界大戦で使われた、鉄筋を加工したナイフ「フレンチ・ネイル」を作ってみた

続きを読む

コメント
7
カテゴリー
武器・防具
動画
投稿日
2018/01/14

中世の騎士はポールアックスでこう戦っていた!というデモンストレーション

カテゴリー
武器・防具
動画
タグ
中世の騎士はポールアックスでこう戦っていた!というデモンストレーション


イギリス、リーズ大学で2015年に開催された国際中世会議にて、中世の騎士がポールアックスをどのように扱って戦っていたかを解説したデモンストレーション。

槍となった先端で突き、斧で叩き切る他、相手の武具に引っ掛けて引いたり、先端とは逆の石突部分を使ったり。

接近されると弱いようなイメージがあったけど、むしろ接近戦こそ腕の見せ所って感じだね。

【関連】
14世紀の騎士が遺した文献をもとに、西洋剣術の型を再現してみた映像その3
15世紀の騎士たちはこうやって戦っていた!フランス国立クリュニー中世美術館が紹介する再現映像
ロングソードで激しく斬り合う、中世剣術の試合の様子
中世の武器防具を装備して激闘する「メディバル・コンバット世界選手権大会」アメリカ対ポーランドの様子

続きを読む

コメント
3
カテゴリー
武器・防具
動画
投稿日
2018/01/10

ページトップへ

アクセスランキング