小太郎ぶろぐ

面白い動画や画像、ショートフィルム、映画予告編、アニメーションなどを毎日紹介するよ!

  • RSS
  • Twitterで小太郎ぶろぐをフォローする

TOPページ > 武器・防具

今日のニュース

殺傷能力高い。火炎放射で刀身を作り出した、自作のライトセイバー

カテゴリー
武器・防具
動画
タグ
殺傷能力高い。火炎放射で刀身を作り出した、自作のライトセイバー

殺傷能力高い。火炎放射で刀身を作り出した、自作のライトセイバー
映画「スターウォーズ」シリーズの武器、ライトセイバーを、より本物に近い形で再現、自作。

柄から放射される炎で刀身を作り出す、火炎放射器やバーナーに近い存在。

勢いよく振るときっと、ガンダムのビームサーベルみたいな感じになるよね。

続きを読む

コメント
9
カテゴリー
武器・防具
動画
投稿日
2020/06/24

標的に応じて攻撃特性を変えられる、アメリカの主力戦車、M1エイブラムスの44口径120mm滑腔砲

カテゴリー
武器・防具
動画
タグ
標的に応じて攻撃特性を変えられる、アメリカの主力戦車、M1エイブラムスの44口径120mm滑腔砲

標的に応じて攻撃特性を変えられる、アメリカの主力戦車、M1エイブラムスの44口径120mm滑腔砲
硬い装甲をぶち抜く時は破壊力を一点集中、対象物の内部を破壊したい時は貫通後に爆破、広範囲に衝撃を与えたい時は爆風を最大限に。

多目的砲弾を使うことで攻撃対象に応じて攻撃特性を変化させることができる、アメリカの主力戦車、M1エイブラムスの主砲、44口径120mm滑腔砲M256。

戦闘中の状況変化に応じて、対応した攻撃手段を選べるというのは大きなアドバンテージ。

砲弾のコストがとんでもなく高そうではあるけれど。

続きを読む

コメント
3
カテゴリー
武器・防具
動画
投稿日
2020/06/17

ショットガン用の非致死性ゴム製スラッグ弾。その威力がいかほどか、巨大グミベアに撃ち込んだ射撃テスト

カテゴリー
武器・防具
動画
タグ
ショットガン用の非致死性ゴム製スラッグ弾。その威力がいかほどか、巨大グミベアに撃ち込んだ射撃テスト

ショットガン用の非致死性ゴム製スラッグ弾。その威力がいかほどか、巨大グミベアに撃ち込んだ射撃テスト
暴徒鎮圧用などに用いられる、非致死性のゴム弾、12ゲージ・ラバー・スラッグ弾の威力を試した射撃テスト。

標的となるのはバリスティック・ジェルのクマさんで、ゴム弾は狙い違わず頭部に命中。

非致死性といっても「死にはしない」とか、「だいたい大丈夫」とか、その程度だと認識したほうがよさそう。

続きを読む

コメント
19
カテゴリー
武器・防具
動画
投稿日
2020/06/07

「赤く光るサイバーパンク・カタナ」を自作 見た目格好いいし、ちゃんと斬れる

カテゴリー
武器・防具
動画
タグ
「赤く光るサイバーパンク・カタナ」を自作
見た目格好いいし、ちゃんと斬れる

「赤く光るサイバーパンク・カタナ」を自作 見た目格好いいし、ちゃんと斬れる
未来的なイメージの、サイバーパンク風にカタナを鍛造。

2本の刀身が挟み込む赤いラインと、柄の赤い部分が暗闇の中で光る仕様。

水の入ったボトルを使った試し切りでは、十分な切れ味を備えている。

耐久力と引き換えに、格好良さを獲得した感じ。

【関連】
刀身が燃え上がる、中二心をくすぐるカタナ「シシケバブ」を自作して実際に振り回してみた
SF世界の武器「プラズマブレード」を自作、いろいろ試し斬りしてみた

続きを読む

コメント
5
カテゴリー
武器・防具
動画
投稿日
2020/05/25

映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2」に出てきた、グリフ・タネンの伸びるバットを自作してみた

カテゴリー
武器・防具
動画
タグ
映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー
PART2」に出てきた、グリフ・タネンの伸びるバットを自作してみた

映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2」に出てきた、グリフ・タネンの伸びるバットを自作してみた
発明が大好きで技術力を持つだけでなく、行動力もあふれるコリン・ファーズさんが、映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2」の未来世界(2015年)に出てきた、グリフ・タネンの持つ「伸びるバット」を自作。

ずいぶん変わった品物の再現に挑戦するもんだなと思いつつも、完成品はちゃんとバットとして使えてなかなかの出来栄え。

動画冒頭の、映画1作目を再現した演出が好き。

続きを読む

コメント
3
カテゴリー
武器・防具
動画
投稿日
2020/05/22

全身プレートアーマーを着込むのにかかる時間は? 実際に時間をはかりつつ着用してみた

カテゴリー
武器・防具
動画
タグ
全身プレートアーマーを着込むのにかかる時間は?
実際に時間をはかりつつ着用してみた

全身プレートアーマーを着込むのにかかる時間は? 実際に時間をはかりつつ着用してみた
頭から爪先まで、全身を金属板で覆うプレートアーマーを着込むのに、どれくらい時間がかかるものなのかを実際に着用して計測。

鎧の内側に着用するジャケットはあらかじめ着込み、アーマーのパーツは着やすく並べた状態で、人の手も借りつつ1:18から着用開始。

意外と速く着用できているし、脱ぐのはもっと速かった。

続きを読む

コメント
5
カテゴリー
武器・防具
動画
投稿日
2020/05/21

巨人が着るサイズの鎧「世界最大のチェーンメイル」を製作するというプロジェクト

カテゴリー
武器・防具
動画
タグ
巨人が着るサイズの鎧「世界最大のチェーンメイル」を製作するというプロジェクト

巨人が着るサイズの鎧「世界最大のチェーンメイル」を製作するというプロジェクト
金属環を編み込んだ鎧の一種、チェーンメイル(鎖帷子)を、世界最大サイズで作ってしまおうというプロジェクト。

金属環ひとつでも結構な重さで、数十個編み込めば1人では持てないくらいの重さに。

この動画ではチェーンメイルの一部分だけかろうじて完成という形なのに、重機を使わなければ移動もできない重量。

ホントに完成させられるのか、完成させたとしてそれをどうするつもりなのか。

続きを読む

コメント
5
カテゴリー
武器・防具
動画
投稿日
2020/05/18

ネズミに仲間だと油断させて刺し貫く、目から銛が突き出す19世紀のマウストラップ

カテゴリー
武器・防具
動画
タグ
ネズミに仲間だと油断させて刺し貫く、目から銛が突き出す19世紀のマウストラップ

ネズミに仲間だと油断させて刺し貫く、目から銛が突き出す19世紀のマウストラップ
1869年に特許が取得された、ネズミの形をしたネズミ捕り。

頭部から突き出た金属パーツが押し下げられると、目の部分から鋭い銛が2本突き出し、前方のネズミを刺し貫くという仕掛け。

実際に仕掛けてみたらちゃんと作動していて、仕留めたネズミは野生動物のエサにしたとのこと。

仕留められるのは一度に一匹だけだけど、確実に仕留めるぞ、という執念を感じる。

続きを読む

コメント
5
カテゴリー
武器・防具
動画
投稿日
2020/05/07

ページトップへ

アクセスランキング