時速230キロで顎を閉じる恐るべきアリ、アギトアリハリアリ亜科、アギトアリ属のアリたちは、水平に開く大きな顎を持つアリ。

水平に開いた状態の大顎には感覚毛がついていて、獲物が触れた瞬間に素早く閉じて捕まえることができる。
顎を閉じる速さは0.13ミリ秒で時速230キロにまで加速するという恐るべきもので、人間がまばたきする速さの2300倍にもなる。

天敵から逃げるために顎の力で大きくジャンプできるそうで、2個目の動画の2:08からはその脱出ジャンプの様子を見ることができるよ。

【関連】
特集知られざるアリたちの驚異 NATIONAL GEOGRAPHIC.JP
アリにメダパニ。混乱した隙に芋虫に卵を植え付ける寄生バチ、Ichneumon Wasp
蟻たちが大量に集まって合体した橋を襲うつもりが襲われたカニ
これだけ押しても崩れない!アリたちが合体してできた浮舟

Trap-Jaw Ants


Odontomachus, The Trap Jaw Ant


タグ