感情表現できる仮想の女性、ゾーイの人間っぽさが凄い東芝のケンブリッジ研究所とケンブリッジ大学の工学部によって研究・開発されている、ゾーイと名付けられた仮想女性。

入力した通りの言葉を喋ってくれる彼女は、「喜び」「優しさ」「悲しさ」「怒り」「恐れ」の5つの感情表現が可能で、人間でないとは分かるものの、見た目としては不気味の谷を乗り越えた人間らしさを備えているのだ。

ゾーイの顔や声は女優、ゾーイ・リスターからサンプリングしたものだとのことだけど、それらの素材をここまでリアルに、感情まで付けてリアルタイムに再生させられるのは凄い。

システム的にはスマートフォンで動かすことも可能。
現在もSiriという音声のみのパーソナルアシスタントが存在するわけだし、見た目も人間のゾーイのようなパーソナルアシスタントが出てくるのは意外と早そうな気がする。

ボーカロイドもゲームのキャラクターも進化しそうだし、映画の俳優なんかも仮想人間たちが多くを占めていきそう。

【関連】
感情を表情と仕草で表現する人型ロボットがちょっとムカつくけど凄い
自分の表情とゲームキャラクターが同期する、キネクトを利用したフェイストラックシステム FACESHIFT
人間の顔を追跡するFaceTracker技術で、リアルタイムに別人の顔を合成するデモ映像
今度は脳波で尻尾が動く!喜ぶと尻尾が揺れちゃうニューロウェアー shippo

Face of the future rears its head




タグ