溺れる少年を助けるんだ!見知らぬ人々がとっさに手をつなぎ合った人間の鎖ニュージーランド、ネーピアの海岸で波にさらわれ、沖へと引き込まれていく12歳の少年、ジョシュアくん。
彼を助けようと駆けつけたドイツ人観光客ほか数名の人々もまた荒波に翻弄され、このままでは一緒に溺れてしまうかもしれないという状況に。

そんな彼らの様子を遠巻きに見ていた人々が、これ以上は危険だと判断して一斉に駆けつけ、手を取り合って人間の鎖を形成、なんとか全員を砂浜へと連れ戻すことに成功したのだった。

ジョシュアくんは引き上げられた際には意識不明だったものの、応急処置を受けてホークスベイの病院に搬送され、現在は既に退院しているとのこと。
とっさにこういう判断、行動ができる1人がいると、どうしていいのか分からなかった人たちも行動できるよね。

【関連】
凍った湖の恐怖。氷面から凍える水へ転落した男の救助で、ミイラ取りが次々ミイラに
溺れている動物園のチンパンジーを助けたお客さん
ブラジルのビーチに漂着した、30頭のイルカの群れの救出劇
水深2.7メートルのプールをスイスイ泳ぐ、凄過ぎる1歳児

Human Chain Saves New Zealand Boy in Rough Seas




タグ