【画像】数百人で湖を完全包囲!魚を取りまくるドゴン族のAntogoの儀式 写真7枚アフリカ西部、マリ共和国のニジェール川流域に面した世界遺産、バンディアガラの断崖を居住とするドゴン族。

彼らが1年の間に1度だけ行うAntogoと呼ばれる儀式は、いつもは漁を禁止されているこの湖で、30分ほどの間だけ漁を解禁するというもの。
数百人、下手したら1000人に達する人数が湖を完全包囲し、開始の合図と共に湖の中に殺到。
手にしたカゴで魚を掬い、次々に捕らえていく。

30分後の2度目の合図で儀式は終わり。
容赦なく獲りまくってるように見えるけど、毎年行う儀式だから、稚魚は逃がすとか、卵は泥の中だから獲らないとかしてるんだろうね。

【関連】
ドゴン族 - Wikipedia
少量でも意外と効果的なダイナマイト漁
砂を巻き上げた煙幕のリングで魚を囲い込む、イルカによる漁
【画像】海へ飛び込むと同時に銛で突く!ニューカレドニア原住民の漁が格好いい 写真4枚



1.




2.




3.




4.




5.




6.




7.




Thousands of fishermen empty lake in minutes - Human Planet: Deserts, preview - BBC One

source:reportage






タグ