アリにメダパニ。混乱した隙に芋虫に卵を植え付ける寄生バチ、Ichneumon Waspヒメバチ科の寄生蜂の一種であるIchneumon Waspは、アリと共生関係にある蝶の幼虫に卵を植え付ける寄生バチ。

巣穴に侵入してくるIchneumon Waspに対してアリは幼虫を守ろうと攻撃してくるけれど、恐らくはフェロモンを何らかの手段で混乱させ、アリ同士が互いに攻撃しあっている間に幼虫を見つけて産卵。

アリが手厚く保護してくれる幼虫の中でIchneumon Waspの卵は孵化し、幼虫の体を食べながら成長。
蛹の中で成虫となって、堂々と外に飛び出してくるのだった。

人間に置き換えて考えたら恐ろしすぎる。

【関連】
イモムシを操り、繭作りの手伝いや護衛までさせる寄生蜂
カタツムリに寄生して脳を支配し、わざと鳥の餌になる寄生虫 レウコクロリディウム
アブラムシの体内に次々と卵を注入する寄生蜂「Black wasps」
バッタの死体から出てきた3匹のハリガネムシ

The Ichneumon Wasp


タグ