軽く安価で水にも強い、特殊ダンボール製の自転車身近にたっぷり存在する素材、ダンボールでほとんどのパーツが作られた自転車の製作プロジェクトを紹介した映像。

プロトタイプはタイヤのフレーム部分までもがダンボール製で、カーボンファイバー製の自転車に次ぐ強度を備え、軽く、もちろん湿気や水にも強く作られているんだとか。

ライダーの重量制限は220キロ。それでいて価格(おそらく人件費を除いた原価というか材料費?)は9ドルから12ドル程度という、どちらも恐るべき数値に。
不安だったら自転車全部に使わなくても一部パーツにダンボールを使ってもいいし、むしろこれだけの強度と価格であれば自転車にこだわらなくてもいいし、これは自転車業界もその他の業界も大きく変える事になるかもしれないね。

室内で遊ぶ子供用のアスレチックとか時々紙製のパイプを使ってたりするし、こういうダンボール素材に置き換えても色々できそう。

【関連】
ダンボールコロシアムでダンボール剣闘士が戦うUPSのCM
【画像】これ全部ダンボール製。車も人も精巧すぎる、クリス・ギルモアのダンボールアート写真25枚
ダンボール製の武器を使った銃撃戦ショートムービー Cardboard Warfare II
ダンボールや空き箱を組み立てるための専用工具パーツ Makedo

Izhar cardboard bike project


タグ