光を当てるだけで物体が動く!浮遊するグラファイトを光で自在に動す新技術サイズは小さいし動かす物自体も薄くて軽いけど、光を当てるだけで物体を動かせるという、青山学院大学で開発された光運動制御技術。

YouTubeの解説を要約すると、強力な磁気によって浮上したグラファイトの円盤に光を当てると温度が急激に上がり、光が当たらなくなると温度は急激に下がる。
グラファイトの磁石に反発する力は温度によって変化するので、光が当たった場所の方向へと移動する、ということらしい。

超伝導磁石による浮遊とは異なり、安価なネオジム磁石を敷き詰めることで可能な技術ということで、応用技術の安価な提供が可能だというところに、さらに期待が高まるね。

【関連】
従来より薄く、静かで省電力。GE社が開発した冷却装置 Dual Piezoelectric Cooling Jets
渦電流にローレンツ力、まるでスローモーションのような、磁石の不思議な物理現象
音で炎をかき消す実験に成功。DARPA(米国防総省国防高等研究計画局)による実験映像
脳の活動を観測し、映像として再構築する研究はここまで進んでいた

磁気浮上グラファイトの光運動制御 Optical Motion Control of Maglev Graphite


タグ