コレは遠くてアレは近い、遠近感が騙される映像一見すると、何も不思議なところのない部屋。

ところが部屋の中の男性が室内の物に触れると、それらは想像以上に遠くにあったり、想像以上に近くにあったり……。

もうちょっとピントを調整したりライティングを考えればもっとわかりづらくていい映像になりそう。

【関連】
本当に水が流動し続ける!エッシャーのだまし絵「滝」を実体化した作品
ボールが坂を上っていくように見える、錯視を利用した4つの滑り台
何だこれ凄い!どう見ても本物なのに、実は本物じゃなかった物たち
遠くは近く、近くは遠い、遠近法を無視したゲーム Perspectite

Assumptions


タグ