解剖して虫に食べさせて……、コウモリの骨格標本ができるまでミシガン大学内に展示するため、コウモリの骨格標本を作るまでの工程を早回しにした映像。

ホルマリン漬けのコウモリを取り出し、トレーの上で解剖して骨だけを取り出す。
取り出した骨の細部に付いた組織を全て取り除くため、小さな虫を飼育しているケースの中に骨を放置。

綺麗になった骨を接着剤や針金、ピンで繋ぎ合わせて形を整えれば完成。
解剖やら虫やらを別にすれば、プラモデルなんかと同じ感覚なのかね。
【関連】
蟻がトカゲを食べつくすまでを1分半で見る早回し映像
50年かけて腐食し、分解されていくポイ捨てされた空き缶
【画像】あのキャラクターの中身はこうなっていた!という骨格予想イラスト13枚
【画像】肝試しとか絶対無理!廃墟となった獣医師学校の写真22枚

Anatomy of Preservation
タグ