完全に水に溶けて無害。人体内部でも安心して使える電子回路が開発されるアメリカ、イリノイ大学、物質科学&工学科のジョン・A・ロジャース教授が開発した、これまでにない新しい電子回路。
シルクとマグネシウム、シリコンを素材としていて、水に濡れるとみるみるうちに溶けていき、すべて残らず溶けてしまう上に人体には無害。

たとえば薬と同じようにカプセルに入れて、一定時間だけ体内で動作する電子装置を作ることもできるし、自然に変える優しい電子装置を作ることも可能。
純粋に軽量であること、柔軟であることから、小型軽量化が求められる機械にも応用できそう。

以前紹介した電子回路をコンタクトレンズの中に埋め込むような話にもピッタリの代物だよね。科学の進歩すごい。

【関連】
コンタクトレンズの中に電子回路を埋め込むことが可能に
血糖値に応じて変化する凄いコンタクトレンズが開発される
全世界が待ち望んだ大発明が今ここに!MITで開発された「水のようにケチャップを注げるボトル」
発泡スチロールの100倍軽い!世界一軽い格子状の金属素材が開発される

Transient Electronics: UI Researcher Demonstrates Dissolvable Electronics


タグ