浮かぶ履帯で豪快に進む!DARPA(米国防総省国防高等研究計画局)が開発した水陸両用輸送車 CAAT中が空洞になった金属製の箱が連なった特殊な履帯を装備した、DARPA(米国防総省国防高等研究計画局)による水陸両用輸送車、CAAT。

通常の履帯と同様に地上を走れるだけでなく、水の上でも走行可能。
前方に障害物があったとしても、気にすることなく上を通過できてしまうのだ。

これはテスト用の機体で、実際にはこの機体の5倍ほどのサイズになるとのこと。
履帯そのものが浮くようにしちゃうなんてなんとも強引な発想だけど、これ応用範囲も広そうだよね。

【関連】
音で炎をかき消す実験に成功。DARPA(米国防総省国防高等研究計画局)による実験映像
どんな悪路も力押しで進む六輪ロボットカー The Crusher
車椅子じゃ生ぬるい!荒地も砂地もゴリゴリ進める電動無限軌道車椅子 Action Trackchair
無限軌道が進化!全方向に移動可能なクローラー Omni-Crawler

DARPA Captive Air Amphibious Transporters (CAAT) For Disaster Relief


タグ