こんなにあったのか!段違い平行棒の演技における、最初の飛びつき技いろいろ体操競技の段違い平行棒にて、演技をはじめるにあたっての鉄棒への飛びつき技だけを紹介した映像集。

全て難易度も付けて紹介してあって、Aが簡単、B、C、D、Eと進むほど高難易度。
単純に飛びつく技もあれば、体をひねって鉄棒に掴まる技、ロイター板を使った技、掴まる前に宙返りなどを取り入れた技などなど。

難易度Eの技はさすがに凄い。凄いだけあってリスクも高いんだろうけど、成功したら一気に持っていかれる凄さだよね。
【関連】
オリンピック史上初めて10点満点を出したコマネチの段違い平行棒演技
50年代から近代までの段違い平行棒の進化をまとめた映像
1972年ミュンヘンオリンピックでのカリン・ヤンツとリュドミラ・ツリシチェワの段違い平行棒演技
1972年ミュンヘンオリンピックでのオルガ・コルブトの体操演技

2011 Code of Points Gymnastics Guide: Uneven Bars Mounts
タグ