卓球のラリーを高精度で正確に追尾!石川奥研究室が開発した1msオートパン・チルトが凄い東京大学、石川奥研究室にて開発された1msオートパン・チルトは、高速で動く撮影対象物を画面中央に捉え続ける技術。

1000fpsの高速画像処理と、同研究室で開発したサッカードミラーという高速視線制御デバイスによって、ラリー中のピンポン玉のような高速で動く対象物であっても、余裕で中央に捉え続ける事ができるのだ。

絶対負けないジャンケンロボットといい、この研究室すごいね。

【関連】
ダイナミックイメージコントロール:サッカードミラー
ピントは後から調節可能!撮影後に自由にフォーカスできる新発想のカメラ Lytro
血糖値に応じて変化する凄いコンタクトレンズが開発される
発泡スチロールの100倍軽い!世界一軽い格子状の金属素材が開発される

1ms Auto Pan-Tilt for perfect recentering


タグ