判断を誤ったら奈落の底へ。九死に一生を得たアイスクライマー張り付いた氷が溶けつつある岩壁を仲間たちと共に登るアイスクライマー。
なかなか思うように登れずに、仲間が差し伸べた命綱を装着した後、再度挑戦し始めたその直後、氷は脆くも滑り落ちていったのだった。

あとわずか十数秒ほど判断が遅かったとしたら、アイスクライマーはあの氷と共に。
というか、こんな恐ろしい場所で常に命綱を付けていないという方が恐ろしい。

【関連】
落石を起こして死にかけた2人の登山者
最高のアイスクライマーを決める競技、2011 UIAA Ice Climbing World Cupのハイライト映像
美少女クライマー、サーシャ・ディジュリアンによる米女性初の5.14d登攀
通常2日かかるスイスのアイガー北壁を、わずか2時間47分で登頂したアルピニスト ウエリ・シュテック

Ice climbing Kennedy Gully - YouTube


タグ